« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

『出版ニュース』2010年9月上旬号

旬間 出版ニュース9月上旬号の目次一覧

「矯正と図書館サービス連絡会」の発足--刑務所における読書支援をめざして / 指宿 信 -- 出版ニュース. (通号 2219) [2010.9.上旬] pp.11-13.

このほか巻頭に、「こうせい 刑務所図書館で思うこと」。

矯正図書館 文献速報 2010年9月にも掲載あり。

2010年10月30日 (土)

ウェブ上の当連絡会の記事(-2010年10月30日)

blog of Dr. Ibusuki : 矯正施設における読書支援に関するNPOの設立について

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 : 矯正施設と図書館サービス連絡会が設立される予定

日本図書館協会:イベントカレンダー2010

はてなブックマーク : 図書館総合展フォーラムのご案内: 矯正と図書館サービス連絡会

SENTOKYOブログ : 矯正と図書館サービス連絡会のご案内

はてなブックマーク : 矯正と図書館サービス連絡会

SENTOKYOブログ : 第12回図書館総合展/日本図書館協会(No.5)

ありがとうございます。

2010年10月29日 (金)

対談『プリズン・ガール』 有村朋美× 『獄窓記』 山本譲司

 有村朋美『プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月』新潮文庫, 2008.7
 山本譲司『獄窓記』新潮文庫, 2008.1
 山本譲司『累犯障害者』新潮文庫, 2009.3

 いずれも文庫化され、手に取りやすくなっています。
 著者の対談を、以下で読むことができます。

ポプラビーチ

-> ビーチ談話室

-> 『プリズン・ガール』 有村朋美× 『獄窓記』 山本譲司 対談

2010年10月28日 (木)

国立国会図書館と日本図書館協会共催の研修(〆切間近)

 国立国会図書館・日本図書館協会障害者サービス委員会関西小委員会
 「平成22年度 障害者サービス担当職員向け講座」 

 期日:2010年12月7日(火)-9日(木)
 会場:国立国会図書館関西館ほか
 対象:公共図書館、大学図書館職員

 講義「矯正施設での図書館サービス事例」があります。

 対象は「公共図書館、大学図書館職員」ですが、「定員に余裕のある場合は、視覚障害者情報提供施設等の職員等の参加も可(経験年数、担当は不問)」。「ご興味をおもちの方はぜひご参加ください」とのことです(担当の方から)。

 申込〆切:11月5日金曜必着。

2010年10月27日 (水)

ブックリボン

 出版文化産業振興財団(JPIC)ブックリボン

 ブックリボンは、JPICが、皆さまの「読み終わった本」「本棚にねむっている本」を、本を手に取る環境が十分ではない施設や団体へ橋渡しするプロジェクトです。  私たちは、「読書の喜び」をより多くの方々と共有したいとの思いからこのプロジェクトを始めました。2010年度は、東京都の協力により、ご参加いただきやすくなりました。

募集期間:2010年10月23日(土)~11月30日(火)
提供希望図書:あなたが読み終わった本。本棚にねむっている図書全般
※目標冊数の10万冊に達した時点で、募集を終了いたします。

 2010年度の寄贈予定に矯正施設が含まれています。
 2009年度の「プレ実施」では、約3万冊が集まり、約2万冊が寄贈されたとのことです。「寄贈先から」によると、矯正施設については「2010年5月24日、法務省にて矯正施設(16庁)への贈呈式が行われ…」とあります。

2010年10月26日 (火)

東京新聞10月25日夕刊・中日新聞10月25日夕刊

 文化面にて、当連絡会が紹介されました。

国民読書年「「塀の中」に生きる糧 図書館サービスへ連絡会」(中村陽子記者) -- 東京新聞2010年10月25日夕刊 p.9, 中日新聞2010年10月25日夕刊 p.5, 北陸中日新聞2010年10月25日夕刊 p.7.

 …作家・小嵐九八郎さんの小説『刑務所ものがたり』(文芸春秋)には、受刑者が短歌を読む印象的なシーンがある。服役した経験がある小嵐さんは「…世間知らずゆえに入っている人も多い。読むという行為はすごく大事なこと。生きる糧を得るためのいろいろなチャンスを設けるのは、とても重要だと思う」と話している。

2010年10月25日 (月)

国際図書館連盟

国際図書館連盟・特別なニーズをもつ人々への図書館サービス分科会「服役者に対する図書館サービスのガイドライン(第3版)」

-> The Library Services to People with Special Needs Section

-> Home > Activities and Groups > Library Services to People with Special Needs Section > LSN/IFLA Professional Reports

-> Guidelines for library services to prisoners 3rd Edition (IFLA Professional Reports series No. 92 - Revised version of IFLA Professional Report 46)  ※pdf形式。

参考:障害保健福祉研究情報システム > 情報アクセス > IFLA(国際図書館連盟)の障害者の情報アクセスに関する取り組み

2010年10月24日 (日)

アメリカ法律図書館協会

アメリカ法律図書館協会の「施設被収容者に対する法律図書館サービス常設委員会」のページです。

The American Association of Law Libraries

-> The Social Responsibilities Special Interest Section (SR-SIS)

-> Standing Committee on Law Library Services to Institution Residents

2010年10月23日 (土)

外国の刑務所図書館

国立国会図書館カレントアウェアネス・ポータル「刑務所」もしくは「少年院」を含む記事

登場する国名・地名を挙げてみると…イギリス・スコットランド(エジンバラ)、カナダ、ドイツ(ミュンスター)、アメリカ、中国(広東省)、韓国、ニュージーランド、ノルウェー。
各国に刑務所図書館があります。図書館のAwardを受賞している刑務所図書館もあります。

このほか、スウェーデンとイタリア(ローマ)について、次のページがあります。

障害保健福祉研究情報システム:スウェーデンの刑務所図書館に関する会議

障害保健福祉研究情報システム:ローマ市における図書館システム 『刑務所図書館』サービス

2010年10月22日 (金)

日本の刑務所・少年院と図書館に関する近年の文献

少年院と図書館サービス / 脇谷 邦子 ; 日置 将之 -- 大阪府立図書館紀要. (35) [2006.3]

日本の刑務所図書館史 : 看読書籍と受刑者の読書活動 / 著者: 立谷, 衣都子 -- 2008年度修士論文

いずれも本文をWebからダウンロードできます。

2010年10月21日 (木)

中根憲一『刑務所図書館』関連リンク

国立国会図書館Database Linker
刑務所図書館 / 中根憲一. -- 出版ニュース社, 2010.3

横浜市民Nの学問奮闘記:中根憲一著『刑務所図書館』(新聞ニュース社)を購入

朝日新聞2010年5月23日:刑務所図書館の充実を

秋山映美の「監獄から社会へ」:刑務所の中の図書館

Web獄中記 小菅日記&黒羽日記:『刑務所図書館』(中根健一・出版ニュース社)レビュー

薔薇、または陽だまりの猫:インパクション175号 終わらない植民地支配 国境を超える抵抗 沖縄・パレスチナ・グアム・アイヌ
※インパクト・レヴュー「情報氾濫社会から取り残された刑務所図書館が問うもの『刑務所図書館』(中根憲一 著)」桑山亜也

2010年10月17日 (日)

お知らせ(2010/10/17)

  • 図書館総合展にフォーラムを出展します。ご案内はこちら
  • 当連絡会への入会・口座のご案内はこちら
  • 最近の記事はこちら
  • 情報をお寄せください。メールはこちら

2010年10月16日 (土)

「矯正と図書館サービス連絡会設立総会」の開催報告が図書館雑誌に掲載されました

 9月10日(金)に日本図書館協会で開催された設立総会の開催報告が、図書館雑誌に掲載されました。

 「矯正と図書館サービス連絡会設立総会」開催 図書館雑誌2010年10月号(Vol.104,No.10)p.651

 短い報告ですが、その一部を抜粋してご紹介します。

 設立総会は2部構成となっており、前半では設立経緯の説明や『刑務所図書館』(出版ニュース社)著者の中根憲一氏によるご挨拶の後、連絡会の代表に就任された藤本哲也氏(中央大学法学部教授)による記念講演が行われた。「我が国における矯正の現状とその課題」と題したこの講演では、日本の矯正行政に関する概説のほか、「帰住先のない満期受刑者の再犯防止対策」や「全国就労支援事業者機構」等といった最新の取り組みが紹介された。また、講演の最後では、矯正施設内における読書環境整備の重要性を指摘し、図書館との連携や図書館職員の活躍に対する期待を述べられていた。
 後半には、連絡会の顧問に就任された岩井宜子氏(専修大学法科大学院教授)によるご祝辞の後、会則の承認、運営委員の選出、活動方針の承認等が行われた。

Photo 

 この設立総会には、31名の方にご参加いただきました。その中には、関西など遠方から駆けつけてくださった方もおり、大変心強く感じました。
 設立総会の開催は、連絡会による取り組みの最初の一歩と言えます。今後は、図書館と矯正施設との連携充実や矯正施設内の読書環境を整備するという目標に向けて、着実に歩を進めていきたいと考えています。

2010年10月15日 (金)

第12回図書館総合展のチラシができました

 pdf形式のファイルへのリンクです。ダウンロードはこちら
 みなさんのまわりの方々にも、配ってください。ご参加、お待ちしております!

2010年10月14日 (木)

各種団体へのリンク

社団法人日本図書館協会(JLA)
 図書館イベントカレンダー2010
 障害者サービス委員会

専門図書館協議会(JSLA)

財団法人日本リハビリテーション協会(JSRPD)
 障害者保健福祉研究情報システム


法務省
 法務省矯正局
  法務省矯正研修所

財団法人矯正協会
 刑務所作業製品(CAPIC 刑務作業協力事業部)
 矯正図書館
  刑事政策文献速報
  文献検索

日本司法支援センター(法テラス)


文部科学省
 図書館海援隊プロジェクト
 国民読書年

財団法人文字・活字文化推進機構

財団法人出版文化産業振興財団(JPIC)
 ブックリボン


出版ニュース社

現代人文社

日本弁護士連合会

龍谷大学矯正・保護総合センター

特定非営利活動法人監獄人権センター

統一獄中者組合

社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 国内人権ネットワーク

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ