« 2010年12月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

刑事施設視察委員会の活動状況について

 刑事施設視察委員会は、刑事施設が適切に運営されているかを監視するための機関です。全国77の刑事施設に設置されており、地域住民や弁護士、医師等4~10名で構成されています。

 同委員会の活動状況をまとめた「刑事施設視察委員会の活動状況について(平成22年7月8日報道発表)」では、平成21年度には全国の刑事施設で累計194回の視察が実施され、603件の意見を刑事施設の長に提出したとされています。

 提出された意見の内容や刑事施設側の対応等は、「委員会の提出意見及び刑事施設の長が講じた措置等の概要について」「各刑事施設視察委員会の意見に対する措置等報告一覧表」にまとめられています。

 この中には、書籍等の閲覧に関する意見も数多く含まれています。そこで、書籍等の閲覧に関する各意見の詳細と施設側の対応を以下の通りまとめました。

 施設名提言日提言の内容対応日対応内容
1 前橋刑 H21.9.9 本人の同意があれば,廃棄した私本を官本にすることはできないのか。 H21.10.21 施設と被収容者の関係から,任意性について誤解を与える可能性が高いこと等から,対応できないことを委員会に回答した。
2 市原刑務所 H22.1.26 2009年から私本の郵送による差入れは月10冊,かつ,一人からのみとの取扱いに変更されているようであるが,近傍に住所のある受刑者については面会時に3冊の私本の差入れが認められていることと公平を欠くとの意見が寄せられており,検討し,必要な改善をされたい。 H22.3.5 郵送による書籍等の差入れ冊数が膨大となり,検査及び交付業務に支障が生じたことにより,平成21年6月から,郵送冊数を制限したものである。
3 市原刑 H22.1.26 差入れされた雑誌の付録(CDなど)が廃棄願せんを提出させられ廃棄されてしまい,送り主への返送も認められていないが,その取扱いを改めてほしいとの意見があるので検討し,必要な改善をされたい。 H22.3.5 書籍等の付録で,施設内で使用できないCD等の付録は,被収容者の同意のもと,原則として廃棄させる取扱いとしているが,理由があれば,他の者へ交付を認めている。強制的に廃棄させられているとの誤解を受けることのないよう,その適正な運用に努めて参りたい。
4 市原刑 H22.1.26 読み終わった本の施設への寄付を認めてもよいのではないかとの提案があるので,検討し,必要な改善をされたい。 H22.3.5 受刑者間での寄付の強要や寄付を前提とした購入の強要につながることが懸念されるなどの理由から,寄付を認めていない。
5 市原刑 H22.1.26 私本の貸借は,寮によって,弊害を理由に禁止されているが,他の刑務所の例も参考に弊害のないやり方で緩和することも検討されたい。 H22.3.5 受刑者間の物の貸借は,上下関係の形成につながることなどから,施設の規律及び秩序の維持上好ましいことではないが,当所では,開放寮における優遇の一つとして私本の短時間の貸借のみを例外的に認めているものである。
6 市原刑 H22.1.26 寮内図書室の本が古く,劣化しているとの意見があるので,必要な改善をされたい。 H22.3.5 各寮の備付書籍等は総冊数8,212冊であり,毎年200冊程度新規に備え付けを行い,劣化の著しい書籍等は廃棄処分を行っているが,今後とも備え付け図書の更新・充実化を図りたい。
7 府中刑 H22.3.11 被収容者の余暇活動,特に教科指導等について予算上の制約があることは認められるが,古書が含まれている等,官本の整備が不十分である。次年度においては,余暇活動のうち,教科指導及び官本の配備等において十分な改善がなされることを求める。 H22.3.31 意見書記載のとおり国費による本の整備等については,配賦予算の範囲内で整備を図っているところである。引き続き,上級官庁へ理解を求める等,その充実を図るべく努力していきたい。
8 金沢刑 H22.1.15 金沢刑務所内にも多くの外国人受刑者が収容されるようになっており,日本語が読めない受刑者もいることから,外国人の受刑者向けに蔵書が備えられているが,読書は受刑者の更生の一助になるものであることから,外国語の蔵書の充実に努められたい。 H22.2.4 現在,当所に収容する外国人受刑者においては,ブラジル国籍を有する受刑者が多いため,ポルトガル語の蔵書を増やすとともに,今後も外国人受刑者の国籍状況を勘案しながら,受刑者の改善更生に資する外国語の蔵書の充実を図っていく。
9 名古屋刑 H21.9.18 単独室における回覧新聞の閲読時間を,15分確保することはできないか。 H21.11.19 回覧新聞の部数を多く配布することとし,閲覧時間を10分から15分に伸長することとした。
10 名古屋拘 H21.5.11 備品(特に書籍)について,予算的な限界があるのであれば,施設から関係機関,関係者等に協力依頼して一層の充実を図られたい。 H21.5.11 近隣公共図書館,施設関係者に書籍の寄贈を求める等,より一層の充実に努めたい。
11 大阪医刑 H22.3.31 患者が安静時間以外の時間帯に新聞を閲読できるよう,すみやかに対処すること。 未報告 安静時間帯以外に回覧させる方向で検討している。
12 大阪医刑 H22.3.31 官本(施設備付書籍)の充実を図ること。 未報告 今後,市の図書館等から寄贈が受けられるように交渉を図る。
13 播磨セ H22.3.31 備付図書の貸出周期及び貸出冊数について,改善措置が講じられたが,さらにアンケート等を行い図書内容の充実を図っていただきたい。 未報告 連休中等の貸出冊数の増冊や貸出期間の延長については,引き続き実施していきたい。また,図書内容の充実にも努めていきたい。
14 和歌山刑 H22.2.25 郵送差入れの受け付け郵送差入れが偶然に重なる場合には,一方を翌日分として受け付けること等について検討したいとのことであったが,積極的に検討し,早期に実施されたい。 H22.4.28 現在,書籍の郵送差入れについては,被収容者1人につき1日当たり3冊までとしているが,書籍の郵送が偶然重なるものについては,一方を翌日分として受け付けることを実施できるよう,関係各課で検討していきたい。
15 奈少刑 H21.9.18 雑誌コードが付されている自弁の図書類については,閲覧後に原則として廃棄させる方針を改め,釈放後も所持しておきたいものは宅下げもできるようにされたい。 H22.1.18 雑誌コードが付されている図書類については,被収容者が事前に包括的に同意しているからといって廃棄を強制するようなことはせず,処分の方法は原則として被収容者自身に選択させるよう,職員に対する指導を徹底した。
16 京都拘 H22.1.14 「所内生活の心得」中には,「官本」の表現が用いられているが,やや時代にそぐわない印象があり,また,被収容者に社会との隔絶をことさら感じさせるような弊害も考えられるため,より適切な表現に改善されたい。 H22.3.11  委員会の意見を踏まえ,所内生活の心得文中にある「官本」を「備付書籍」に,「私本」を「自弁の書籍」に改めた。
17 鳥取刑 H22.3.4 図書室の蔵書をより充実されたい。 未報告 平成21年度,被収容者向けの書籍(単行本,文庫本等)314冊を購入し整備を行った。平成22年度以降も整備・充実を図っていきたい。
18 岡山刑 H22.3.5  多数の書籍の宅下げ時の点検などでの職員の加重労働の問題にもなり,廃棄処分も止むをえない面もあると思えるが,社会復帰に向けて購入した物について,廃棄するのは困るなどの意見もあり,どのような月刊誌等が購入されているかなど貴刑務所で調査をお願いしたい。その上で,次年度に本件について協議したい。 H22.3.26  被収容者の了承を得た上で,閲覧後の雑誌については,原則廃棄としているところ,必要があれば申出により審査を実施し,宅下げを認める取扱いとしている。
 月刊誌の購入状況については,調査する。
19 岡山刑 H22.3.26 棚に本が積み上げられており,地震時等に危険であるので,棚などの保管方法に制限を加えたとの理由については肯定できるものの,棚のサイズが本のサイズにあわないとか夏物や冬物衣服などの保管に支障をきたすので,制限を緩和してほしいなどの意見が多数を占めた。一定の改善を検討中とのことであるが,何らかの対応が可能であれば,改善されたい。 H22.3.26 私物棚の規格をA4サイズの書籍が収納できるよう変更し,順次更新することとしている。これにより従前A4サイズの書籍を私物箱に収納していた部分に余裕が生じ,衣服が収納できると考えている。
20 岩国刑 H22.3.25 書籍閲覧票の貼付場所・貼付方法を改善されたい。 未報告 閲覧票の貼付場所及び貼付方法については,他施設における方法を参考にしつつ検討する。
21 岩国刑 H22.3.25

書籍の閲覧・購入の機会の増大に努められたい。

未報告  備付書籍については,毎年,計画的に新規購入の上整備しているので,今後とも整備の充実を図りたい。

2011年2月23日 (水)

『図書館雑誌』2011年2月号

矯正と図書館サービス連絡会の発足について~矯正施設と図書館との連携充実・読書環境整備を目指して~/ 日置将之 -- 図書館雑誌. (Vol.105 No.2)通巻1047  [2011.2] p.82-83
.

矯正施設の読書環境や当会の活動等について簡単に紹介しております。

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ