パソコン・インターネット

2010年11月25日 (木)

Jcross広場 直前特集:第12回図書館総合展

Jcross トップページ > Jcross広場 > 直前特集 : 第12回 図書館総合展 > 11月26日(金)

 当連絡会からのメッセージが掲載されておりますが、こちらでも再掲いたします。

 このフォーラムでは、刑務所・少年院の読書環境や、図書館との連携について考えます。  これまで、あまり語られることのなかったテーマです。  たくさんの、さまざまな立場のみなさまをお待ちしております。

 次の方は、もちろん…

・矯正施設での読書環境に関心をおもちの方
・矯正施設がサービス圏内にある図書館に勤務されている方
・アウトリーチ・サービスや多文化サービスに関心をおもちの方

 刑務所や少年院に関心はないなア…と思っているあなた!

・大学図書館・公共図書館に勤務されている方
・図書館情報学、特に情報技術系の、研究者・学生

 図書館や読書についてお考えの方は、どなたであっても、矯正施設の問題から得るところがあるでしょう。

 インターネットが使えない環境で、どのような読書がありうるのか?
 インターネットに"普通"に接続できない状態での読書や読者層を考えること。
 ここに今、立ち返ってみませんか。
 刑務所や少年院は、大変な現実の中にあります。
 「矯正施設での読書支援を考える」ことは、「さまざまな利用環境や読者層について考える」ことに繋がります。

 矯正施設における「読書」の現状と、図書館との連携の可能性について知っていただくために、次のみなさまにご登壇いただきます。
 記念講演は、『家栽の人』原作者で、少年院の篤志面接委員もされている毛利甚八さま。
 矯正側からの報告として、法務省矯正研修所所長・林和治さま。
 図書館側からの報告は、大阪府立図書館・日置将之(当連絡会会員)が務めます。

 貴重な機会です。ぜひおいでください。

2010年11月14日 (日)

ウェブ上の当連絡会の記事(-2010年11月14日)

メールマガジン・SENTOKYO(平成22年10月24日発行) 第144号
━━10.(会員だより)第12回図書館総合展/日本図書館協会 ━━━━━━━━━━
催し:「矯正施設での読書支援を考える」

図書館総合展・学術情報オープンサミット事務局ブログ:2010-11-04 図書館総合展・学術情報オープンサミット11月26日(金)のプログラム「矯正施設での読書支援を考える」

われわれの館:図書館総合展フォーラム「矯正施設での読書支援を考える」のご案内

ありがとうございます。

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ